知っておきたい!賃貸の部屋探しにおける間取りの選び方

間取りは住む人の人数によって選ぶ

賃貸の部屋探しでは、間取り選びも重要で、実際にそこで暮らす人数などによって選ぶ必要があります。必要以上に広い間取りだと掃除が大変ですし、家賃も高くなってしまうからです。

一人暮らしに向いた間取り

まず一人暮らしの場合は、ワンルームや1Kなどを選ぶのが一般的だと言えます。ワンルームは、キッチンと居室が1つの部屋の中に納まっている間取りのことで、広々とした印象があります。そして1Kは、キッチンと1つの居室を扉などで分けた間取りのことで、キッチンの臭いを居室に漏れないようにできるため、料理を日常的に行う人などに向いていると言えるでしょう。

カップルや夫婦に向いた間取り

次にカップルや夫婦の場合は、1LDKや2DK、2LDKなどがよく選ばれています。DKは食堂付きのキッチンという意味で、LDKは食堂付きのキッチンとリビングが一体になった間取りを意味します。ですので、例えば2LDKは、2つの居室とLDKがついた間取りという意味になります。二人暮らしの場合、1LDKだと個室を持つことができなくなるため、プライベートを重視したい場合は2DKや2LDKを選ぶとよいでしょう。

ファミリーに向いた間取り

さらにファミリーの場合は、2DK~3LDKを選ぶのが一般的だと言えます。基本的には家族の人数によって居室の数を選ぶとよいと言えますが、子どもの成長なども考慮する必要があるでしょう。子どもが小さい頃は兄弟姉妹が同じ部屋でもよいと言えますが、思春期になると部屋を分けてあげることも必要です。また、兄弟姉妹の性別によっても部屋を分ける配慮が必要になる場合が出てくると言えるでしょう。

地元で頑張っている不動産屋ほど頼りになる存在はいません。麻生の賃貸マンション探しなら、地域密着の不動産屋に相談しましょう。