賃貸の部屋を見学する時に何を持って行けば良いの?

メジャーがあると便利です

賃貸の部屋探しをする時には物件見学が必須です。

日当たりが良い物件、駅からの距離がどのくらいになるのかなど、部屋を見学する時には色々なチェックポイントがあります。

チェックポイントの一つに、電源コンセントの数と位置があります。

電源コンセントは壁に埋め込まれているもので、電化製品を置く場所を決める時にも電源コンセントの位置や数は重要なポイントになります。

部屋を借りるか否かが決まっていないけれど、不動産会社から貰った間取り図に、電源コンセントの位置を記載しておきましょう。

メジャーを使って距離を記載しておくとさらに便利です。

物件を決める時など、使いやすい位置に電源コンセントが設けられていれば便利に使えるわけです。

また、間取り図に距離を記載しておけば、部屋のレイアウト作成に取り掛かる時に便利です。

駅までの道のりは実際に歩いてみましょう

賃貸の部屋探しをする時に駅からの距離を重視する人は多いのではないでしょうか。

毎日の通勤や通学に利用する最寄り駅から部屋までの距離は、不動産広告を見れば分かります。

しかし、途中に交差点がある、踏切がある場合には広告に記載してある時間よりも長く掛かる事になるわけです。

ちなみに、不動産広告に記載してある徒歩○分は、80メートルの距離を徒歩1分として計算が行われているものです。

人により歩く速度は変わるので、自分の足で歩いてみて駅からどのくらいの時間が掛かるのかを確認しておく必要があります。

また、交差点や踏切などの待ち時間が別途必要になるので、部屋の契約を交わす前に確認しておくのがお勧めです。

江別市の賃貸物件を探す場合には、不動産会社が提供する確かな情報を参考にするべきです。また提供された情報を活用して、現地を訪れて見学するのが、良い物件を見つける秘訣です。