敷金と礼金が設定されている物件には優良物件が含まれる

礼金が設定出来る大家なら安心です

新築賃貸物件であっても、礼金設定がある建物と無い建物が明確に分かれています。人気が高い新築物件ならば、礼金が全ての物件であっても良さそうに思われますが、礼金を受け取れない物件があると知っておく必要があるでしょう。なぜなら、金融機関からの融資を受けて建築された建物については、完済まで礼金受取が禁止されているからです。法律上の決まりではなく、融資条件に共通で含まれているので、礼金設定が出来る大家ほど無借金経営が出来ていると考えられます。

敷金は多い方が入居者の質が安定する

初期費用を安く済ませることが出来るので、敷金が少ない部屋は申し込みしやすいと考えられます。しかし、初期費用として家賃の6ヶ月分程度の費用が用意出来ない状態では、家賃の支払いが滞るリスクが少なくありません。このために不人気物件の特徴である保証会社との契約が義務化される物件が登場してしまう原因となっています。敷金が2ヶ月以上設定されている賃貸物件では、保証人を立てれば保証会社との契約を任意と出来る大家を見つけて契約すれば、余計な保証会社へ支払う費用が不要です。

敷金礼金ゼロ物件には要注意

敷金礼金を共にゼロとしてる物件は、初期費用を抑えられることから一定の人気が出ています。しかし、敷金については少なくとも1ヶ月分以上預けることが望ましいです。なぜなら、敷金礼金ゼロ物件となるための条件には、保証会社の営業が絡んでいることが多いので、敷金ゼロの物件は不人気物件が大半だからです。病気で一時的に仕事を休むことがあったとしても、問答無用で退去を迫られる問題が全国で多発しており、追い出し屋の存在が疑われています。

旭川の賃貸では、宅配ボックスが設置されている物件も多く存在し、外出時でもスムーズに荷物を受け取れるため、一人暮らしでも安心です。