ペット可物件には2つの傾向があると知った上で慎重に探そう

なし崩し的にペット可物件となったか調べよう

ペット可物件を謳う部屋には、一部トラブルが発生しやすい状況にあることを知っておく必要があります。なぜなら、ペット可物件の中には空室対策として大家が後からペット飼育可能としたケースがあるからです。ペット飼育を行っている入居者は、ペット可物件の数が少ないために、更新を繰り返して長期入居する傾向にあります。ペット可とする以上は、ある程度の室内摩耗が激しくなる傾向にあるので、リフォーム費用が嵩みますが、長期入居が前提となれば大家としても賃貸経営にプラスとなるケースが多いです。しかし、入居者にとっては防音対策がしっかりされていなかったり、ペット飼育に伴う騒音問題が発生しても大家が間に入ってくれない可能性が少なくありません。

ペツト共生住宅ならば安心出来る

ペット共生住宅として最初から設計されている部屋ならば、騒音対策だけでなく機能性壁紙による消臭効果を期待出来るなど、ペット飼育を前提とした心地よい居住空間が用意されています。退去時の清掃費用を安くするために、壁紙にも高さ1m程度の部分に境目を設ける設計をして、壁紙を床から1mまでの部分のみ貼り替えれば良いとしている工夫がされているでしょう。交換しやすくパーツが組み込まれてたり、ペット用足洗い場が用意されているなど、散歩や遊びにも配慮された設計がされている筈です。入居者同士のトラブルについても、最初からペット共生住宅として募集されているので、多少の騒音はお互い様という意識があります。入居後のトラブルが少ないこともペット共生住宅のメリットです。

北斗市の賃貸物件を探す際、気に入った物件があればすぐに内見の予約を取りましょう。特に新築物件は早い者勝ちで、あっという間に契約が決まっていくからです。