通勤・通学を考慮した物件選び

初めて一人暮らしをする方は、どんな賃貸物件を選ば良いか分からないですよね。失敗した物件を選んでしまうと快適な生活が送れず、ストレスが溜まってしまうので注意が必要です。

賃貸物件を探す際には、まず通勤・通学を考慮した絞込がコツの1つです。どれだけ快適な環境や設備が整っていても駅から遠いと通勤・通学が辛くなります。自転車の有無や負担にならない距離から物件を探しましょう。

下見の時に賃貸物件から駅まで実際に歩いて確認する方もいるぐらい、物件選びで重要視されているポイントなんですよ。

一人暮らしとファミリー層ではライフスタイルが違う

アパート・マンションを問わず、契約を検討している賃貸物件内にどのような人が暮らしているか確認する事も大切です。

実際に1軒1軒聞く必要はなく、不動産会社の担当者に質問するだけですぐに教えて貰えるので忘れないようにしましょう。

一人暮らしとファミリー層では、ライフスタイルが事も違いますよね。自分と同じ一人暮らしの方が多い賃貸物件を選ぶだけで騒音トラブルを招く可能性を抑える事に繋がります。

意外と知られていない物件の下見で確認するポイント

賃貸物件選びで意外と知られていないポイントが「両隣のベランダ」と「周辺の駐車場・駐輪場」です。

下見の際にさり気なく両隣のベランダを確認して汚れていないか確認しましょう。ベランダが汚れていると虫が隣から入ってきたりと害虫トラブルになる可能性があります。

一方、周辺の駐車場・駐輪場に改造された車やバイクの有無を把握しておく事で、夜中の騒音に悩まされる心配がなくなります。

忘れがちになる2つのポイントですが、しっかりと確認しましょう。

苫小牧の賃貸では、多数の物件でシステムキッチンが備わっており、すっきりとした見た目と使い勝手の良さで人気を集めています。